特定商取引法に関する表記

糖尿病完治へ!血糖値767mg/dl、ヘモグロビン値13.5%という末期的糖尿病患者だった私の驚異的回復術教えます

 


 

  ごぶさたしています。
  ブログでメールを紹介していただいたKです。
  本日、1ヶ月ぶりの定期検診にいってまいりました。
  Hba1c=7.0でした、順調に回復しております。
  (糖尿病宣告時14.7→入院1ケ月・退院2週間後10.5)
  血糖値も140程度で安定しています。
  自分自身としては、体力もついてきたし、○▲してでも
  ◇◎を図り、かつ、○☆してみようかと考えています。
  とりあえずご報告まで、
  また、メールをいたします。


  宮崎県 T.K様
 



本当に糖尿病が完治した人は、 日本では何人ぐらいいるのでしょうか?




2017年1年1月24日加筆

・・・私にとって、振り返れば遥か昔の話です。


今からおよそ10年以上も昔、血糖値767mg/dl、ヘモグロビン値13.5%から始まった糖尿病発症からインスリン離脱し、それまでの過程を赤裸々につづったセンセーショナルな初版
「血糖値767からの奇蹟のランゲルハンス育成日記」を世に送り出し、その後退院1年と4ヶ月で重度の糖尿病を無事完治させる事が出来ました。

それに伴い2006/6/15、インスリン注射離脱から完治までの智慧を盛り込んだ冊子、『さようなら糖尿病 そして ありがとう糖尿病』を発表し、翌年には、
その2冊をまとめ加筆した集大成の冊子を「〜完全版〜血糖値767からの奇蹟のランゲルハンス育成日記」として発表。
そして今から、もう5年ほど前になりましたね、全ての糖尿関連の情報冊子の販売を終了しておりました。

私が初版の糖尿冊子を情報商材として販売した2005年当時は、ちょうど数々の情報冊子という媒体が世に出始めた頃でした。
この頃の情報商材は玉石混交、つまり真に良いものと粗悪なものが入り乱れていた時期でもありました。
「お金儲けノウハウ」などは玉石混交の最たる例でして、小手先のテクニックで時流に流され、販売開始から長くとも2年以上残存した販売ページはほぼ皆無と聞いています。
私のこの冊子でさえ、その提供方式および「糖尿病完治」という、既存概念でしか物事を図れない輩から見れば想定外の提言だったのでしょう、
そのような輩からは数多くの言われなき誹謗中傷を受けましたよ。

その後平成23年ですので私が糖尿病完治の冊子を発表してから5年後ですね、テレビ番組「ためしてガッテン」で医師による糖尿病完治術という内容が放送され
方法論は異なれど決して不可能な事ではないという真実が証明されたようです。

私の冊子はもちろん時流とは無縁の永続する内容、それゆえに高額商材だったにも関わらず長い間も廃れず、最終的に300名程の「未来ある明日」を真に願う
前向きな糖尿病患者の方々にお求め頂いた本冊子
を、私は一体なぜ突如販売終了していたのか?

私はあなたにウソをつきたくありません。ですので真実をお話ししますが、私が完治出来た大要因の一つと確信し、これまで冊子をご購入頂いた方全員に洩れなくお送りし
アフターサポートしていた、私の糖尿病完治へのリーサルウェポン「ランゲルハンサー・アイテム」の提供が、諸般の事情で実質不可能になっていた為、ただそれだけの理由です。
つまり本冊子の内容に不備があったからではなく、本冊子単独で私の方法論での「糖尿病完治」を達成する事は不完全である、と今でも確信しているからです。

もちろん私が拝金主義者であれば、うわべで言葉巧みに旨い事を言って、高額のまま売り続ける事も出来たでしょう。
しかし私の退院から完治に至る、約1年半で実践、検証し、完治という結果を掴んだ全智慧の全てを提供しなければ、私は単なる嘘つきのペテン師。
先駆者として「糖尿病完治ノウハウ」を世に提言する理由がないと考えております。
さらに2006年冬に発表した、私を完治へと導いた基本理念が詰まった「糖尿論」。この冊子もお譲りしてこそ、私の糖尿完治術を提言出来ると考えております。

「ランゲルハンサー・アイテム」詳細に関しては、過去にも私を信頼し、冊子をご購入いただいたGTCメンバーのみの機密情報でしたのでここでは割愛しますが、
偶然幸いにも、我らが住む日本国内でも提供しているパートナー様に出逢いました。
現在の私はと言うと、おかげさまでサラリーマン生活も順調で、それなりに多忙を極めています。
以前の様に「ランゲルハンサー・アイテム」や「GTC有料メールマガジン」を全GTCメンバー様(私の情報冊子購入者様)へオーダー毎の対応をしている時間は
取れない状況になっております。

・・前回の最終販売が2012年ですので、あれからもう5年になるんですね。販売終了の4年程前からは、この2冊を一体化し加筆改定した最終版として、
合算¥55,600でのお譲りの所、特別価格として49,800円でご提供致しておりました。
2017年、今回の冊子再提供にあたり、従来まで購入特典としておりましたランゲルハンサーアイテムの提供、その他に有料メルマガサポートを廃止し、
新たに「糖尿論」を加えた形で、3冊の合計価格の半額以下でご提供する事に致しました。

私はあなたに「糖尿病改善」で満足して欲しくはありません。
改善という「プロセス」で満足してしまうと、そこに甘んじて、完治という最終目標が霞んでくるのは、私自身が経験し、認識しています。
私があなたに目指して欲しいのは、私が現在いる場所と同じ、「糖尿病完治」というゴールなのです。

これでもあなたはその価格が高いとお感じでしょうか?
もしそうお考えであれば、一体いくらならお求めになるのでしょう?

ある医師が、その著書で述べていた文章を引用いたします。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
「あなたの病気は、これまで十年近く治らなかった。そして、これからも死ぬまで付き合うことになるでしょう。
その病気を治すんです。いくらだったら、私の治療法を買って貰えますか?

いろいろな病院に行っても治らなかった難病で、人づてに頼って私のところに来た財産家でも、いったんお金のことになると、
表情は曇って「二百万か三百万くらい、いや、今はお金がありませんので、、、。」と言い出します。

同じ質問を、アトピー性皮膚炎で苦しんでいる女子高生にした時は、さんざん考えたあげく、「三千円なら、、、。」と答えました。
それによって夜も眠れず、学校へも行けない、憎むべきアトピーを治すのが、CD一枚と同じ三千円なのです。
でも、もしかしたらこの女子高生の心の中では「まだ高い」と思っていたかもしれません。

病気をお金にたとえるのは、いけないことかもしれません。
しかし、病気を「お金を払ってでも、どうしても治したい」という気持ちと、「治してくれるだろう」という気持ちのなかに、
その人の人生に対する希望が隠されているという事
も、知っておいて欲しいと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
私が提供している冊子であなたにお伝えすることは、市販の糖尿本に書かれているような机上の空論などではありません。
あなたと同じ糖尿患者だった私が、実際に必死な思いで泥まみれになりながら掴み取り、完治に至ったという「真実」なのです
また、私が完治というゴールに至るまでに費やした直接的な費用、付帯費用、さらに時間も換算した場合、100万円は下りません

もしこの価格で少しでも「高い」と思われたり、「怪しい」と思われたなら、ご購入はなさらないでください。
また、そのような方にはお求めになれない金額だと思います。

長年「糖尿病は治らない」という既存の言葉と付き合ってきた方の中には、改善への一歩を踏み出す事へ躊躇なさる方も多いようです。
きっとそれは、今まで現代医学を信じて「治らない」と考えてきたものが治ってしまったら、自分自身が困ってしまうからではないでしょうか?
なぜ困るかというと、それまでの時間は取り戻せませんし、今までの事を、全部最初からやりなおさなくていけなくなるからです。
今までの時間どうしてくれるんだ、今までせっかく病院で言われたとおりやってきたのに、私の人生返して、と考えるのも当然かもしれませんね。

でもね、考えているだけでは時間は延々と過ぎるだけ。そしてそれは、「取らぬ狸の皮算用」。
やらずに考えているだけでは、いつまで経っても全く何も変わりません。
「治りたいと思っているが何もやっていない」のは、結果、「一生治らないと思っている」のと一緒です。
自分の治る可能性を知っている分だけ、やらずに一生を終える間際の後悔は大きいですよね。

また、治った時の不安を考えるより、治ってからの喜びを考える方が、よっぽど自分のためになるのではないでしょうか?

私の全ノウハウは、戸籍上の家族に限り、情報開示を許可しています
それは私達人間が生きていく中で、私が最も重要視している「家族の団欒」、まさにその理由です。

「だんらん」とは、自分ひとりでは成しえません。
あなた以外の両親、伴侶、兄弟達と「楽しみ」、「喜び」を共有し合ってこその「だんらん」です。

私の入院期、多忙にも関わらず、毎日病院へ足を運んでくれた両親、弟への感謝は、完治した今でも忘れません。
あなたにも、あなたの「大切な人達」と共に、「未来ある明日」を歩んでいただきたいのです。

ここで出会って私を信じてくれたあなたには是非、私と同じ「完治への道」を歩んでいただきたい
その極めて数少ない貴重なチャンスを生かすべきと思います。今すぐご購入をお勧めします。

もしあなたが心から糖尿病完治を願っているならば・・・


2017年1月、奇跡が再び再始動!販売価格大幅改定で再提供開始!!!


糖尿全ノウハウはもちろんの事、糖尿完治への出発点であるノンバーバル(非言語的)なマインドも軽視せず、
従来以上に完治への「やる気、モチベーションを感じ取っていただける体裁に改定した「完全版」です。
「智慧」と「熱意」の両翼揃ったご提供ですので、あなたが改善しない理由を探す方が難しいのです!!




あなたの熱意を無駄にはしない 怒涛の226ページ!!


〜完全版〜血糖値767からの奇蹟のランゲルハンス育成日記


   お譲りする内容

★ 商品(専用サーバからダウンロード)

・「血糖値767からの奇蹟のランゲルハンス育成日記」(¥29、800)
・「さようなら糖尿病 そして ありがとう糖尿病」 (¥25、800)
・「糖尿論」(¥3、500)


2017年に上記冊子群の内容を再度点検し、完治への軌跡に即した形で編集&加筆後に1つの冊子として纏め上げた物を提供いたしております(PDF印刷物)


★特典


・新生GTCメンバーへの参加
(メンバー専用ページでのランゲルハンサーアイテムの情報提供、裏ブログでのノウハウ提供、ノウハウ小冊子無料プレゼントなど)


●携帯メールでのお申し込みや、パソコンをお持ちでない方へのお譲りは致しておりません

●ご購入の前に著者の理念などを確認したいという場合、まず下記の冊子単体でご参考になさってから検討されるのも良いかもしれません


 3/31まで無料進呈中! 
 
  ↓冊子画像をクリック

 

あなたの熱意を無駄にはしない怒涛の226ページ!!”

    
      3冊合計価格:★ 59,100円
                 ↓
             提供再開記念価格
            ★25,000円(税,送料込)

                      

          情報商材お申し込みはこちらから!!
         (クレジットカード、銀行振込の両方に対応しています

※決済ページからのご購入は、SSL暗号通信によりお客様のウェブブラウザとサーバ間の通信がすべて暗号化されますので、ご記入の内容は安全に送信され、安心してご購入いただけます。


 

  ・・・数か月後、冒頭で紹介した宮崎県 T.K様から頂いたメール


  遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
  本年もよろしくお願いいたします。
  1/10に1ヶ月の定期検診にいってきました。
  HbA1cは5.4でした。

  発病から4.5ヶ月、
  HbA1cの推移が14.7---10.5---7.0---5.6---5.4となっています。
  今回5以下になっているのを期待していたのですが・・・

  多少、成果が見えてきたように思えるようになってきました。
  それでは、また連絡いたします。


その他にいただいた喜びのお声はコチラ!






「血糖値767からの奇蹟のランゲルハンス育成日記」(単独販売終了)
    「さようなら糖尿病 そして ありがとう糖尿病」(単独販売終了) 
 

Copyright(C) 2017 langerhanser.com All Rights Reserved.